油圧プレス機とは何か

油圧プレス機の使用法や用途の説明

油圧プレス機はどのような場面で使用されるのか

基本的な構造はどうなっているのか

油圧プレス機は油に圧力をかけて機械の駆動部を上下させ、その駆動部に板状になった金属を入れて金型を使って特定の部品にする機械です。金型というのは任意の形状や大きさの金属部品を作るための元になるものであり、この金型を使って金属の板を打ち抜いたり、そこから曲げたりして部品として使うための形に変化させたりします。この金属部品は自動車や電化製品など、金属製の部品に使われていたり、大型の油圧プレス機になると、自動車のボディーも作られたりしています。油圧プレス機は作る部品の大きさなどで巨大なものもあり、作る部品が大きくなると金型を動かす力も強くしなければいけないため、その用途に合わせて選択できるようになっています。油圧プレス機は自動で連続稼働させることも単発で動かすこともでき、その用途によって変えることが可能になっています。連続稼働することで大量に必要になる部品への対応ができ、現在の大量生産する製造に寄与しているということです。

油圧プレス機は金型を使って同じ形状をした金属製品を大量に作ることができるので、同じ部品を相当数必要とする商品作りの工場での使用が多くなっています。一台の自動車では10万個以上の金属部品が必要になり、その大きさや形の精度が高くなければ使うことができません。このような部品は共通の大きさや形状でなければ同じ製品を作ることができないので、油圧プレス機のように製品が変化の少ない機械を使わなければ対応できません。油圧プレス機は同じ部品を正確にいくつも作るという目的で使われていて、精度が悪いのでは意味がなくなってしまいます。

実際の業務で使う場合の注意点とは

油圧プレス機は金属の板状になったものを打ち抜くので、これは人間が同じことを道具を使って行えばわかりますが、大きな力を使わなければ打ち抜くことも形状を変化させることもできません。大型のプレス機になると人間が入ることも可能であり、作業者保護を優先しなければいけないので、大型のプレス機械だけでなく、小型であっても安全装置の設置が義務付けられています。この安全装置で多く使われているのは赤外線センサーによって、赤外線が遮光されると機械が動かなくなるというものです。また大型プレス機になると、その内部に入るための入り口に主電源に直結している装置が取り付けられていて、主電源を切らなければ中に入られないようにしている安全装置もあります。現在は金型の取り付け作業も全て機械で行い、人間が内部に立ち入らないような工夫が行われていて、作業者保護を最優先にした使われ方が多くなっています。油圧プレス機はモノ作りの現場では必要であり、その用途も拡大されています。

人気記事ランキング